MISTRESS YURIA

Archive2018年05月 1/1

アナルでイクことを覚えてしまった貴方色んな欲や妄想が膨らみペニバンでイキたい、、、 男であるのに目の前にあるペニバンを咥えさせられ女のように扱われる事に変に興奮をしてしまうゆっくりとペニバンをアナルに挿入全身が痺れる感覚に自分が変態になってしまったことに更に感じてしまう触れ合う肌と肌の温もりを確かめ私に抱かれている現実に どうなってもいいすきにして欲しいと心酔させられ互いに荒くなっていく吐息にこ...

  •  -
  •  -

忘れなれない2人だけの世界…貴方と私だけが知る快楽日常を忘れれる 唯一の場所と時間ゆっくりと刻み込まれ 抜け出せなくなる非日常の終わりなき未知の世界へ足を踏むこむ貴方 忘れたくても 忘れられない…しっかり脳へインプットされた記憶ずっと残る あの脳裏の感覚・・・また味わいたくなる 日常を忘れさせてくれる場所私の元へ いらっしゃい…忘れさせてあげる 教えてあげる禁断のテリトリーを広げ 新しい快楽世界を知るとい...

  •  -
  •  -

私の身体の中から出るもの全て受け止めるのお唾… お聖水も…口いっぱいに注がれた 私の聖水を一滴とも溢さず残さず飲みなさいね便器のように…トロトロとした甘い唾もあげようね口の中に垂らされ 顔中にも垂らされ 唾壷ね…私の体液で身体の中から支配され 甘くて濃厚な香りや味を堪能し酔いしれてる顔をじっくりと見せて…体液が大好きな貴方にとって 私の専用便器 専用唾壷になれるなんて とても光栄なことじゃない?でも...

  •  -
  •  -

パンストで脳イキ

ヒールを履き続け蒸れたパンスト匂いを嗅いでみたい?甘酸っぱく いやらしい私の汗ばんだ香を…思い切り息を吐き 思いっ切り香を吸い込む脳内に行き渡るイメージで…嗅げば嗅ぐほど 頭はボーっとし気持ちがよくなり気が付けば脳イキの領域へと落とされてしまう何度も繰り返していくうちに 目は虚になり全身の力が抜け落ち 宙を舞うかのように心地よくなってしまい とことん陶酔してしまう…大好きなパンストを履いた足で全身を踏...

  •  -
  •  -